PERFORMANCE

Plaisir de conduite et confort à bord

爽快で心地よい、ドライブの歓び。

POWER TRAIN

Performance et Efficacité

パフォーマンスと効率性の両立。

ルノー メガーヌには、効率のよいパフォーマンスを発揮する優れたパワートレーンが与えられている。ハイパフォーマンスカーのメガーヌ R.S.と共用するプラットフォームは、高い走行性能を誇る軽量・高剛性シャシーである。最高出力159psを発揮する1.3L直噴ターボエンジンと、その高出力を効率よく引き出す電子制御7速AT(7EDC)ギアボックスを組み合わせている。欧州で鍛えられたその走りは、充実のドライビングプレジャーを提供する。

1.3L 4気筒直噴ターボエンジン

余裕の走りをもたらす高出力エンジン。

ルノー メガーヌに搭載される1.3L直列4気筒16バルブ直噴ターボエンジンは、ルノー・日産・三菱アライアンスとダイムラーにより共同開発されたエンジンである。4万時間以上のテスト、熱波・極寒・高湿度などの極限状態で30万㎞におよぶテストを実施。1,800rpmから270N・mの最大トルクを生み出し、159psの最高出力を5,500rpmで発生させる。トライアングル形状のシリンダーヘッド内に、250barの高圧力で燃料を直接噴射することで燃焼の効率化を図り、またモータースポーツの知見を応用した、シリンダーボア内部を鏡面仕上げにするボア・スプレー・コーティングを施すことでフリクションを低減するなど、燃費向上への技術が惜しみなく注がれている。低回転域ではスムーズなレスポンス、加速の際は力強いトルクで余裕のある走りを実現する。

電子制御7速AT(7EDC)

的確なギアチェンジ、継ぎ目のないスムーズな加速を実現。

トランスミッションはデュアルクラッチ式。低速域では、優れた柔軟性とレスポンスを発揮し、高効率エンジンとの組み合わせにより、燃料消費の低減にも貢献。小型化と大トルクへの対応がより可能になる湿式多板クラッチを採用し、特に発進・微速時や前進と後退を繰り返す場合に変速ショックが少なく、耐久性も向上。マニュアルモードを備えているので、意のままのギアチェンジが楽しめる。

軽量・高剛性プラットフォーム

メガーヌ R.S. と共用する高い走行性能を誇るシャシー。

ルノー メガーヌのプラットフォームは、ルノー・日産・三菱アライアンスにより設計されたCMF-C/Dモジュールプラットフォームをベースとし、メガーヌ R.S.と共用するため、高いスタビリティと快適性を提供するために開発された。フロントサブフレームとボディの間のラバーブッシュを廃止することで、ステアリングのレスポンスと正確さの精度を向上させた。量産FF車最速レコードを目指すメガーヌ R.S. トロフィー Rにも対応するため、さらなる軽量化と高い剛性を実現。ルノー メガーヌ シリーズの幅広いレンジに適応するプラットフォームとなっている。高出力を受け止め、しなやかなサスペンションの動きや意のままのハンドリングフィールをもたらす。すべては快適な乗り心地を実現するための技術である。

OTHER LINEUP

Renault Japon OFFICIAL SNS