PERFORMANCE

Plaisir de conduite et confort à bord

爽快で心地よい、ドライブの歓び。

PERFORMANCE

Performance et Efficacité

クラスを超えたパフォーマンスと効率性を両立。

新型ルノー ルーテシアは、新設計されたCMF-Bプラットフォームの軽量・高剛性なシャシーに、Cセグメントに匹敵する高性能1.3L 直噴ターボエンジンと、その高出力を効率よく引き出すパドルシフトを備えた電子制御7速AT(7EDC)ギアボックスを組み合わせ、クラスを大きく超えた余裕とドライビングプレジャーを提供する。

Cセグメントに匹敵する力強さの高効率エンジン。

新型ルノー ルーテシアに搭載される1.3L 直列4気筒16バルブ直噴ターボチャージャーエンジンは、1,600rpmからすでに先代ルーテシアR.S. に匹敵する240N・mの最大トルクを生み出し、最高131psの出力(5,000rpm)を発生。市街地から高速道路まであらゆるシーンで、ドライバーにドライビングプレジャーと余裕のある走りを提供する。トライアングル形状のシリンダーヘッド内に、250バールの高圧力で燃料を直接噴射することで燃焼の効率化を図り、シリンダー内に特殊なコーティングを施してフリクションを低減するなど、燃費向上への技術が惜しみなく注がれている。

滑らかでスポーティな走りを実現するトランスミッション。

1.3L直噴ターボエンジンに組み合わされる電子制御7速AT(7EDC)は、240N・mの高性能エンジンに対応するデュアルクラッチ式トランスミッション。湿式を採用し7段に多段化。オートマチックモードでは自動で最適なギアを選択し、トルクコンバーター式のAT車同様に滑らかで快適なドライブを楽しめる。また、一般的なトルクコンバーターに比べスリップロスのない、ダイレクトかつ瞬時に変速するデュアルクラッチは、パドルシフトの操作によりマニュアルトランスミッション以上とも言えるスポーティな走りを実感できる。

新設計された軽量・高剛性シャシー。

CMF-Bプラットフォームは、ルノー・日産・三菱アライアンスにより新設計されたモジュールプラットフォームで、新型ルノー ルーテシアに初めて採用された。この最新プラットフォームは、先代のプラットフォームより約50kg軽量化しながら、高い剛性を実現。高出力パワーユニットを受け止め、しなやかなサスペンションの動きやハンドリングの正確さを引き出し、様々な路面での静粛性や万一の安全性など、卓越した新型ルーテシアの基本性能を発揮するために非常に重要な役割を担っている。

OTHER LINEUP

Renault Japon OFFICIAL SNS